第3回 GCIVC-入賞者

no.1

ホー・シーハオ

ホー・シーハオ
HE, Sihao
中国/China

1993年上海生まれ。9歳でチェロをはじめ、10歳で上海音楽院付属ミドルスクールに入学。アントニオ・ヤニグロ・チェロコンクール(20歳以下部門・クロアチア)第1位、プロフェッショナルチェロコンクール(北京)第1位、カナダ・モーニングサイド・ミュージック・ブリッジ・コンチェルト・コンクール第2位、若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール(韓国)第4位入賞など、ソリスト、室内楽奏者として数々の受賞歴がある。最近では、メイコン交響楽団コンチェルトコンクール、2013年度ASTAソロコンクールで優勝。シンプリー・カルテットのメンバーでもある。現在、奨学金を得て、マーサー大学にてハンス・ヤンセンとジュリー・アルバースに師事している。

no.2

キム・ミンジ

キム・ミンジ
KIM, Min Ji
韓国/Korea

1995年生まれ。2012年に韓国芸術院、2013年にソウル芸術高等学校を卒業。セギュ毎日コンクール第1位、2010年インターナショナル・グレートマウンテン音楽祭コンチェルト・コンクールにて優勝。2011年梨花京郷コンクール第1位、2012年プラハの春国際音楽コンクール特別賞受賞。パウロ国際チェロコンクール、セミファイナリスト。富川フィル、九里フィル、仁川フィル、水原フィルなどと共演を重ねている。GMMFSライジング・スター・シリーズに出演。

no.3

チョ・ブラノン

チョ・ブラノン
CHO, Brannon
アメリカ/U.S.A.

1994年生まれ。7歳の時にチェロをはじめ、2005年にNJASTAソロ・コンペティションでグランプリを獲得後、夏の5シーズンをメドウマウント音楽学校でハンス・ヤンセン教授に師事。2011、2012年にはハイフェッツ・ミュージック・インスティテュートで研鑽を積む。2011年レノックス国際コンクール第1位、2010年ASTAソロコンクールでグランプリ、2012年ヨハンセン国際コンクール第1位、スタルバーグ国際弦楽コンクール銀メダルおよび聴衆賞、2013年ナショナル・ヤング・アーツ・フェスティバルで銀メダルを受賞。ソリストとしてコロニアル・シンフォニーやリチャードソン交響楽団、ウエストミシガン大学交響楽団などとたびたび共演。カーネギーホールではクリストファー・オライリーとも共演している。2012年にはマスタークラスを開講。イースタンワシントン大学の「Cellobration」にてゲストアーティストとして演奏。現在、ノースウエスタン大学にてハンス・ヤンセンに師事している。

ガスパール・カサド作品最優秀演奏賞

サンティアゴ・カニョン・バレンシア

サンティアゴ・カニョン・バレンシア
CAÑON VALENCIA, Santiago
コロンビア/Colombia

1995年コロンビア、ボゴタ生まれ。4歳でチェロをはじめ、6歳でボゴタ・フィルハーモニーと共演。2007年、ニュージーランドに移りジェイムス・テナントに師事。2012年、ワイカト大学ソリストコースを首席で卒業し、ヒラリー・メダルを授与された。2007年以降100回以上のリサイタルをこなし、2010年北京国際チェロコンクール(中国)最高位入賞のほか、2011年ギズボーン国際音楽コンクール(ニュージーランド)第1位、2012年ワシントン・ヨハンセン国際コンクール(ワシントンD.C.)第2位など受賞歴多数。2011年からサルヴィ財団よりエドムンド・エスケナージ奨学金を得ている。現在、学費全額免除にて南メディスト大学ディプロマコースに在籍し、アンドレ・ディアスのもとで研鑽を積んでいる。

日程表

第1予選
11/22(金)-11/24(日)
第2予選
11/25(月)-11/27(水)
本選
11/30(土)
表彰式・披露演奏会
12/1(日)
  • チェロを愛する若きチェリストによる交流コンサート 過去の出場者
  • チェロを愛する若きチェリストによる交流コンサート 今年度開催情報